犬山動物総合医療センター

  • いろいろな病気
  • 診療案内
  • 施設紹介
  • スタッフ紹介
  • 病院便り
  • MRI検査
  • アクセス
  • 犬山献血バンク

犬山動物画像診断センター 検査申し込み

ファミリー会員のご案内

ファミリープラクティスのご案内

Cat Friendly Clinic Gold 会員認定取得しました

求人募集のお知らせ

学生向け 見学・実習のお申込み

当医院へのお問い合わせ

はなみずき動物病院

セントレアスカイペットホテル

アニマルオルソジャパン

Team HOPE

  • 個人情報保護方針

いろいろな病気 代表的な病気とその症状を簡単に説明いたします。

ホーム > いろいろな病気

会陰ヘルニア

会陰ヘルニアとは

イメージ

肛門と泌尿生殖器の周囲を会陰部といいます。ここを囲む筋肉が弱くなり、隙間ができて腸管、膀胱などの腹腔内臓器が会陰部から皮下に脱出する病気です。6〜7歳以上の雄犬に多く見られます。

症状

脱出した腸管が袋状になって、ここに便が溜まると、排便しようとしても正常な排便ができず、何度も排便姿勢を取るのに、少しの軟便または水様性の便を出すだけになります。膀胱が脱出するとおしっこが出なくなることがあります。また、外見として、肛門の脇が大きく膨らんできます。

治療

外科手術が適用になります。手術には様々な方法がありますが、脱出した腸管や膀胱を元の位置に戻し、弱くなっている筋肉を補強します。手術後は便が硬くなりすぎない食餌を与えたりすることによって再発を防ぎます。