犬山動物総合医療センター

  • いろいろな病気
  • 診療案内
  • 施設紹介
  • スタッフ紹介
  • 病院便り
  • MRI検査
  • アクセス
  • 犬山献血バンク

犬山動物画像診断センター 検査申し込み

ファミリー会員のご案内

ファミリープラクティスのご案内

Cat Friendly Clinic Gold 会員認定取得しました

求人募集のお知らせ

学生向け 見学・実習のお申込み

当医院へのお問い合わせ

はなみずき動物病院

セントレアスカイペットホテル

アニマルオルソジャパン

Team HOPE

  • 個人情報保護方針

いろいろな病気 代表的な病気とその症状を簡単に説明いたします。

ホーム > いろいろな病気

子宮蓄膿症

子宮蓄膿症とは

イメージイメージ

子宮に細菌感染が起こって、膿が溜まってしまう病気です。6歳以上の避妊していない雌犬に多く見られますが、若い子にも見られます。細菌の増殖が起こるので敗血症などの合併症が起こり、治療しないと死に至る病気です。

症状

元気・食欲不振、多飲・多尿、嘔吐などが見られます。子宮の中に溜まった膿が外陰部から出てくることもあります。超音波検査で子宮に液体が溜まっていることで確認できます。

治療

抗生剤による治療に加え、手術で子宮と卵巣を取り除くのが最善の治療法です。合併症が起こる危険性の高い病気なので、術後も数日の入院が必要になります。