犬山動物総合医療センター

  • いろいろな病気
  • 診療案内
  • 施設紹介
  • スタッフ紹介
  • 病院便り
  • MRI検査
  • アクセス
  • 犬山献血バンク

犬山動物画像診断センター 検査申し込み

ファミリー会員のご案内

ファミリープラクティスのご案内

Cat Friendly Clinic Gold 会員認定取得しました

求人募集のお知らせ

学生向け 見学・実習のお申込み

当医院へのお問い合わせ

はなみずき動物病院

セントレアスカイペットホテル

アニマルオルソジャパン

Team HOPE

  • 個人情報保護方針

いろいろな病気 代表的な病気とその症状を簡単に説明いたします。

ホーム > いろいろな病気

白内障

白内障とは

イメージイメージ

白内障は、目の中でレンズの役割をしている透明な水晶体が濁ってくる病気です。
濁りが進行すると、瞳孔の部分が白くみえるため、昔から「しろそこひ」と呼ばれていました。

残念ながら、一度濁った水晶体を、透明な状態に戻すくすりはありません。しかし、手術によって水晶体除去、もしくは眼内レンズを入れることで視覚を取り戻させることができます。

猫の白内障

  • イメージ
    レンズが白くにごり視界がさえぎられた猫ちゃん
    真っ白ですね。
  • イメージ
    超音波乳化吸引機による 水晶体の除去の様子。
  • イメージ
    手術後、白濁がとれすっきり 視界が明るくなりました。

フェレットの白内障

  • イメージ
    レンズが白くにごり視界がさえぎられたフェレットちゃん
    真っ白ですね。
  • イメージ
    超音波乳化吸引機による 水晶体の除去の様子。
  • イメージ
    手術後、白濁がとれすっきり 視界が明るくなりました。
  • イメージ
    手術後、白濁がとれすっきり 視界が明るくなりました。