犬山動物総合医療センター

  • いろいろな病気
  • 診療案内
  • 施設紹介
  • スタッフ紹介
  • 病院便り
  • MRI検査
  • アクセス
  • 犬山献血バンク

犬山動物画像診断センター 検査申し込み

ファミリー会員のご案内

ファミリープラクティスのご案内

Cat Friendly Clinic Gold 会員認定取得しました

求人募集のお知らせ

学生向け 見学・実習のお申込み

当医院へのお問い合わせ

はなみずき動物病院

セントレアスカイペットホテル

アニマルオルソジャパン

Team HOPE

  • 個人情報保護方針

いろいろな病気 代表的な病気とその症状を簡単に説明いたします。

ホーム > いろいろな病気

ウサギの臼歯の不正咬合

ウサギの臼歯とは

イメージ

ウサギの歯は常生歯といわれ、常に伸長していきます、 1年で1〜2センチともいわれます。本来は、餌を食べるときに上下の歯が磨耗しあい適切な長さを維持しています。

しかし、遺伝的素因、食事内容の偏り、外傷などにより適切な噛みあわせが出来なくなると、下顎の臼歯は内側に、上顎の臼歯は外側に過長し舌、頬に接触します。そして、舌や頬粘膜に、潰瘍や切創が形成されます。
こうなると、ウサギさんは、痛みによるストレスから食欲不振になり、2次的に消化管の運動低下を起こします。運動低下が毛球症や鼓脹症に発展することもあります。
口が気になるため唾液の分泌が盛んになり口の周りに湿性皮膚炎を起こす場合もあります。重症例では、膿瘍形成、眼病に発展します。

奥歯に問題があるため、適切な治療には全身麻酔を必要とします。しかし奥歯のトリミングにより問題を除去すれば、食欲不振は解決されます。

診断

イメージ

麻酔下のウサギの口の中です。
舌の潰瘍部分の拡大です臼歯が内側に尖っています白く抉れて窪んでいる所が潰瘍です。